ブログ

法政大学自転車競技部へ訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今までスポットでの参加はあったのですが、泊まり込みで試合に帯同するのは初めてで、自転車競技を見るのも初めてと初めて尽くしな濃厚な時間でした。
みんなと集合写真をなんて考えていたのですが、そんな雰囲気は皆無で自転車競技って、すぐユニフォーム着替えちゃうんです。
自分の出場種目で着替えて終わったらもう着てない。
写真撮りたいから着替えてとも言えないですしね…。
今回は何人かと合同でサポートだったのですが、選手のリアルな声も聞けて大変有意義な経験になりました。
競技での痛みや不調がある、電気治療をしてもらいたい、筋肉の張りを取って欲しい、流して欲しい。
大事な事は適切に状態把握し、選手を「ベスト」な状態に導けるか!
普段の患者さんへは、いかに日常生活を「普通」に過ごせるかを大事に考えています。
患者さんに体調を伺う中で、「普通です」と言われる方はいますが、「絶好調です」と言われる方はいないです。
絶好調とは、スポーツ選手などで心と身体が満たされた状態に初めて生まれる。と私は思います。
トレーナーに求められる事は、いかに絶好調に近い状態を作り出せるか!
身体だけでなく、心もケアする事なんだと、今回の活動を通して勉強させてもらいました。
写真は少ないチャンスの中で、無理矢理撮影させてもらった物です。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP