代表挨拶

代表挨拶

代表挨拶

健康は足元から

 

初めまして、日本距骨調整協会代表の志水剛志です。
私と距骨の出会いのきっかけは外反母趾からでした。

私が整体の世界に入った時に勤めていた整骨院の先生が外反母趾の治療に携わっており、外反母趾の方の治療の勉強を重ねる中で距骨と出会いました。もちろん、距骨の存在は知っていましたが「距骨」が、なぜ、人の体に必要な骨なのか、どういった役目をしている骨なのか、整体師として患者さんにうまく説明することができませんでした。そして、距骨について調べる中「筋肉の付着がない」ということを発見し、これが距骨調整を確立する、大きなヒントになりました。

私が整骨院に勤務し始めた時は「骨盤」もここまで一般的な言葉ではなかったを覚えております。骨盤を一躍有名にしたのが「骨盤矯正」といった施術です。骨盤を整えることで多くの方の悩みが解決され、新しい治療方法として整体の世界で確立されております。

私は日本で一番距骨に魅せられてしまった人の一人として、距骨(足元)を重要性をみなさんに伝えていきたいと思っております。そして、その一つの施術方法として、距骨調整を「足から全身を見る新しい整体法」として、いろいろな治療家の方に利用していただき、治療・スポーツ・美容など様々なシーンで活用していただきたいと考えております。

足元から全身をみる距骨調整を使って、日本を足元から元気にしていきまよう!

経歴

 

神奈川県、横浜市に生まれる。

1998年 柔整学校入学、笠原接骨院研修開始

2002年 笠原院長代理任命

2007年 「表参道壱番館」を出店

2008年 整骨院(茅ヶ崎)開院

2010年 株式会社壱番館設立、ホテルスパと業務提携

2011年 赤坂ホテルニューオータニ内にフォルトゥーナ開院

2016年 (社)日本距骨調整協会設立

現在に至る

PAGE TOP