ブログ

距骨調整×足病医

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蒲田にある足と歩行の診療所の吉原ドクターと、日本の足科の未来についてお話をさせていただきました。

吉原ドクターは、日本でも希少な足の専門医としてアメリカやドイツの医師と連携をとりながら足の治療を研究している先生です。

特に印象に残っているお話は、
「エビデンスはもちろん重要だが、何より大切なのは患者さんがどう感じるかだ。」

「医師が全てではなく、それぞれの専門領域を認め、役割分担し、連携を図ることが重要だ。われわれ医師も変わらなければいけない」

「あそこなら治せるよりも、どこでも治せるように各地域に足の専門医がいる必要がある」

今の日本に必要な、とても素晴らしい考え方です。

距骨調整協会の活動にとても興味を持っていただいているので、今後もお互いに連携しながら足元からの健康を追求していきます。

 

▼足と歩行の診療所

〒144-0051 東京都大田区西蒲田8-1-7 グランタウンビル9F

TEL:03-6715-9430

【公式サイト】https://www.footwalk.clinic/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP